トップ > IT業界にはどんな仕事がある?

IT業界にはどんな仕事がある?

IT業界の主な分野

IT業界は大きく分けて4つに分かれます。IT技術は企業の運用や私たちの生活に欠かせないものになっており、ますます拡大しています。

●ソフトウェア業界
取り扱うソフトウェアによって、2つの業界に分類されます。1つは、コンピュータを動作させるための基本ソフトウェアを扱う企業です。もうひとつは、特定の目的のために設計された書類作成や、電子メールソフトなどのアプリケーションソフトウェアを扱う企業。最近では、モバイル機器向けのソフトウェアが勢いを増しています。
●IT情報サービス業界
提供するサービスによって、大きく3つの業界に分類されますSI(システムインテグレータ)は顧客の分析を行い、課題に合わせた情報システムの企画・導入・保守など全般を担当します。ソフトウェア開発サービスでは業務用パッケージや基本ソフトの開発を、情報処理・提供サービスではデータ入力サービスなどを行っています。近年では、巨大データ群「ビッグデータ」の分析、活用をするサービスに力を入れる企業も多くあります。
●通信サービス業界
音声・データ・情報をやりとりするための通信サービスを提供する業界です。例えば、固定電話や携帯電話、インターネットなどの通信サービスがあります。最近は音声通信の収入が減少しており、主な理由として無料通話アプリの普及が挙げられます。一方で、スマートフォン市場の拡大が影響し、パケット通信による収入は増加。通信手段は時代に合わせて変化するものであり、常に柔軟な対応が求められています。
●WEBサービス業界
ソフトウェアの機能をインターネットブラウザを通じて、利用できるサービスを提供する業界です。例えば、検索エンジンやeコマース、企業間での商取引、写真や動画の共有できるSNSなど、様々あります。なかでも、eコマース事業は利用する場所を選ばずに、インターネットを通じて商品購入やサービスの契約を気軽に行うことができるため、市場が広がっています。

主なIT職種