トップ > IT資格ベンダーインタビュー > シスコシステムズ

IT資格ベンダーインタビュー シスコシステムズ合同会社

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社様の事業内容を教えてください

吉野氏:我々は、米国に本社をおくシスコシステムズの日本法人です。シスコは世界最大のネットワーク機器メーカーであると同時に、サーバー製品やビデオや電話などのコラボレーション機器を世界中のお客様に提供しているグローバル企業です。
シスコは1984年の創業以来、インターネットの成長とともに歩みを進めてきました。世界各国に7万人弱の社員が在籍しており、その約1/3が技術者です。我々の強みは、“ネットワークに軸足を置いていること”です。いま、世界中の新しいこと、面白いことの多くが、ネットワークを介して“つながること”によって価値を高めています。つまり、我々の事業は、様々な物事をつくりだす源泉の部分を担っているのだと言えるのではないでしょうか。

御社が思い描くIT技術、業界の将来像についてお聞かせください

吉野氏:今日までにスマフォやパソコンがつながることで 様々な新しいこと、面白いことが生み出されてきました。でも、実は今日時点で実際につながっているものはあらゆる物事の1%に満たないと言われています。これから先も、冷蔵庫、洗濯機、車といったモノがどんどんネットワークにつながっていき、それを使う人もつながっていき、そこから得られた様々な情報をもとにした知識や知恵がつながっていくことになるでしょう。そうした “あらゆるものがつながった世界”をシスコでは「Internet of Everything」(IoE)と呼んでいます。
IoEは単なるビジョンではなく、いままさに世界はその世界への歩みを加速しているところであり、その世界に向かう中で新しい産業や雇用が作り出され、大きな経済効果をもたらすものだと考えています。社員は日々、その実現に向けてみんな仕事をしているのです。

U_29で取得できる資格について

まず、ネットワーク関連の資格取得の意義や優位性について、どのようにお考えですか

岡氏:ネットワークはすべてのITの根幹です。つまり、その技術を押さえておくことで、多彩な分野でフレキシブルに活躍できる人材になれるはずです。
シスコの資格は、20年の歴史があり、世界180カ国以上で実施、延べ200万人が取得しています。 グローバルでネットワークの資格の登竜門的な存在と認められています。取得することで、選択できる仕事の幅は大きく広がるでしょう。

エントリーレベルで受験できるCCENT(シーセント)はどのような資格ですか

岡氏:この資格の対象は、学生や新入社員、いわゆるネットワーク初心者です。
他の資格を取得していなくても、これからIT業界でがんばっていきたい人もトライしやすい、スタンダードな知識が得られる資格です。
マネージャーの指示に基づき、サポーターとして活躍できるでしょう。

CCENTより上位の資格について教えてください

岡氏:アソシエイトレベルではCCNA Routing and Switchingと、プロフェッショナルレベルではCCNPの資格取得が可能です。CCNA Routing and Switchingの取得で、SIer(システムインテグレーター)やNIer(ネットワークインテグレーター)で中規模サーバーの管理ができることを想定しています。
さらにCCNPになると、自身で大規模ネットワークを構築・駆使でき、マネージャー職にも就きやすくなります。実は派遣業界でいま、いちばん必要とされているのはこのCCNPの資格です。

U_29について

U_29についての感想をお聞かせください

岡氏:業界で求められる人材について把握しているテンプスタッフ・テクノロジーが、人材を一から育て上げるというこの企画には、とても信憑性があると感じています。
シスコとしても、応援していきたい企画です。
個人で勉強するには限界がありますので、企業側が用意してくれるこのようなプログラムを多いに活用するべきですね。

U_29では資格取得を支援しています。資格を取得する意義はなんだとお考えですか

吉野氏:資格を取ろうとする過程は楽しいことばかりではないと思います。
けれど、得た資格を活かして、ワクワクするようなことをする集団に属し、ワクワクするようなことに貢献できる権利を得られるのです。そのたのめにもぜひ、資格を手に入れてほしいと思います。

岡氏:資格を取得することによって知識が身に付くことはもとより、その過程での努力や自己管理能力を証明することにもつながると思います。シスコの資格保有者には、高いハードルを乗り越えられるパーソナルマネージメント能力が備わっていると、各社人事部の方からも評価をいただけています。

最後に。IT業界を目指すU_29のみなさんにメッセージをお願いします

吉野氏:イノベーションには時間がかかります。そして、信じるビジョンに向かう日々の仕事は、楽しいことばかりでは決してありません。けれど、今日のインターネットも、かつてエンジニア達が技術を磨いて、仲間と心をひとつにして時間をかけて作り上げたからこそあるのです。
若い人たちには、今ある暮らし方、働き方、学び方、遊び方を、ITの力を使ってどんどん変えていってほしいと思いますね。それこそが、シスコがずっと掲げているビジョンでもあるのです。

岡氏:ワクワクすることが、すべて楽しいことだとは限らないでしょう。
けれど、様々なことを貪欲に吸収できる20代のうちに基礎を築き上げておくことを、強くお勧めしたいですね。
勉強にどっぷりつかることも、ご自身のステップアップのために必要な今だけのハードルとして捉え、ぜひくじけることなくがんばってほしいと思います。

ありがとうございました!