ニュースリリース

ニュースリリース

テンプスタッフ・テクノロジーが厚生労働省より「若者応援宣言企業」として認定されました。

2016年05月16日

総合人材サービスのテンプグループにおいて、ITおよびエンジニアリングに特化した人材サービスを手掛けるテンプスタッフ・テクノロジー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:藤崎 貴司)は、2016年4月、厚生労働省より「若者応援宣言企業」として認定されましたのでご報告いたします。

「若者応援宣言」事業とは、一定の労務管理の体制が整備されており、若者(35歳未満)を採用・育成のため求人の申込み又は募集を行っており、通常の求人情報よりも詳細な企業情報・採用情報を公表する中小企業を「若者応援宣言企業」として、積極的にマッチングやPR等を行う事業です。
「若者応援宣言企業」とは宣言基準10項目をすべて満たした企業に対して認定されます。

制度詳細はこちら
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/jakunen/wakamono/wakamonoouen.html

近年、エンジニア不足が深刻化されている中、テンプスタッフ・テクノロジーでは、即戦力となるエンジニアを育成するために独自の研修制度、トレーニングプログラムを実施しています。

若年エンジニア層の就職支援サービス「U_29」では、ITエンジニアを目指す未経験者から経験者まで20代の若年層を広く募集し、IT基礎トレーニングから専門技術トレーニングを無料で実施したのち、採用に意欲のある企業に人材紹介(または紹介予定派遣)を行っています。

また、新卒採用においても各種技術研修だけでなくエンジニアとして、社会人としての意識や、ビジネスの現場で必要となる思考能力についても教育する研修を行っています。

テンプスタッフ・テクノロジーは、今後も若者の採用や人材育成に積極的に取り組み、雇用促進に努めてまいります。

【お問い合わせ先】
業務統括部 経営企画部 業務サポート室
TEL: 03-5334-5608