PRブログ

PRブログ

応募するのは「お試し」してから!「仕事」と「会社」の魅力を伝える「試職会」とは

イベント参加者の15%が入社する「試職会」

テンプスタッフ・テクノロジーでは、エンジニア採用活動の一環として「体験型」の採用イベント「試職会」を随時開催しています。
簡単なネットワーク機器の設定や、3DCADソフトの操作などを通じて、未経験の方にもわかりやすく、エンジニアの仕事を体験してもらうイベントです。

2013年度から始まったこの試職会イベントは、2015年度には関東・東海・関西エリアで40回以上開催し、参加申込者は350名を超えています。(2015年4月~12月実績) イベント参加後、多くの方が採用ステップへ進むことを希望され、今年度、参加者の約15%の方がテンプスタッフ・テクノロジーの社員として採用されています。

高い採用率の理由とは

「何がやりたいかわからない」
「エンジニアの仕事って難しそう」
「応募まではちょっと・・・」

と、ちょっと二の足を踏んでいる20代の方ってとても多いのですが、試職会イベントに参加いただくことで、先輩社員から、仕事の楽しさや社内の雰囲気を、ダイレクトに伝えることができています。

女性の参加者も多く、全体の約40%が女性です。参加された方からは「丁寧にサポートしてもらえてわかりやすかった」「実際の仕事の話も聞けて参考になった」などの感想をいただいています。

最初は本当に「お試し」感覚で参加される人にも、応募したいという気持ちを喚起できたり、入社後に、「思っていたような仕事ではなかった」というようなミスマッチを防ぐ効果もあります。 また、未経験者の採用活動を行っている企業は数多くありますが、「ここまでやってくれるところはなかった」と喜んでいただくこともあり、自社の差別化にもつながっています。

どんな人が参加している?

「試職会」には、エンジニアの仕事に興味がある人はどなたでもご参加いただけます。「今は未経験だけど、こんなエンジニアになりたい」と目的意識を持っている人もいれば、「本当に自分にできるのか、判断材料にしたい」と文字通り試しにくる方もいます。

テンプスタッフ・テクノロジーでは、どちらののタイプの方にも、試職会を通じて「エンジニアの仕事」と「会社の雰囲気」を存分に体感していただけるよう準備しています。 先輩社員との座談会を行ったり、キャリア相談にも対応していますので、自分のやりたいこととマッチしているか、自分にできそうか、試職会の中で見極めることができます。

「仕事」と「会社」を体感してから、「応募」するかどうか決められる!

体験型の採用活動の大きな特徴は、なんといっても「自分で体感できる」ところです。

参加者は、自分と年齢の近いエンジニア社員と気軽に会話をしながら、社内に半日滞在し、会社の雰囲気を体感できます。「テンプスタッフ・テクノロジー」を就職先候補として現実的に捉えるようになり、自分のごく近い未来の姿が思い描きやすくなります。

希望者には、後日あらためて採用ステップをご案内しており、今年度もここから多くのエンジニア(のたまご)が、テンプスタッフ・テクノロジーに正社員として入社しました。

2016年も随時開催予定!

今後も、内容をブラッシュアップしながら、エンジニアの仕事を「体感」できる試職会イベントを開催してく予定です。
未経験の方にも、転職・キャリアチェンジを考えている人にも、「体験型」イベントを通じて、テンプスタッフ・テクノロジーの魅力をお伝えしてまいります!